スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

きのこ観察会

以前からたくらんでいた「きのこ観察会」をやっと開催することができた。

別に商売をしたいわけではないけれど、自分の好きなことや情熱を注いでいる事が仕事になれば「生業」と呼んでもいい。生業こそライフスタイルだと思っている僕にとって、今回のツアーは挑戦なんだ!

DSC_0384_602.jpg

DSC_0387_603.jpg
意外とキノコに興味を示すのは女性が多いんだ。
みんな真剣にブリーフィングを聞いている。

DSC_0408_629.jpg
さぁみんなガチモード!笑

DSC_0403_628.jpg
オニナラの束発見!キノコらしい形と生え方で満足感あります。
嬉しそうな二人。

DSC_0429_605.jpg
そしてマツタケ姫も降臨!
唯一見つかったマツタケ。
ガイドをしなければいけない立場と、ガチで探したい心の中の気持ちの狭間で歩いていた僕にとっては悔しい気持ちと反面、こんな美人な女性がヤツを見つけてくれたことが何よりうれしい。
く~~それにしてもいいマツじゃないですか!!200gくらいかな。

彼女はマツタケ姫だ。

DSC_0440_606.jpg
生ビールサーバーも持ち込み、最高のBBQを提供するべく用意周到にしたけど、まさにアウェイの洗礼を受け、思うように手際よく開催できなかったBBQ。

それでも丸焼きの牛肉や、ダッチオーブンで焼いたローストポーク他、みんな楽しんでくれたようで、僕も自分とキノコとゲストをつなげられたことがとても嬉しかった。

この道の職人になるべく、マツタケ修行共にBBQの達人にもなりたいと心に決めた初ツアーでした。
みなさんありがとうございました!

スポンサーサイト

2015.09.28 | | コメント(1) | トラックバック(0) | きのこ

マイタケを求めて里山へ

静岡県にはミズナラが少ない。

僕のホーム富士山にもまたミズナラの木が少ない。

そう、狙うはミズナラのもとに鎮座する「マイタケ」。

とマツタケ修行中の身ながら、富士の森を横眼に浮気心で行った奥多摩。

そこには素晴らしい広葉樹の、ミズナラの森があった。

普段と違う森の雰囲気に心躍らし、一歩踏み入れると出ている出ている。

P9170777_625.jpg
まず出迎えてくれたのはサクラシメジの群生。
このキノコの激しくないピンク色がとても好きだった。
サクラシメジの群生に別れを告げて狙うはマイタケ!

初めてのナラの森は今までとは違ったキノコがたくさん出迎えてくれてとっても楽しい。
ウラベニホテイシメジは取りきれないとどたくさんあるし、クリフウセンももうたくさんありすぎて獲らない。
狙いはマイタケなんだ。

P9170778_626.jpg
そして出迎えてくれた重要キノコは「コウタケ」
富士山のそれと違ってはっきりとした特徴をもった正真正銘のコウタケ。
これが本物コウタケだと確信しながらも、香りが薄いことに懸念したが、帰宅後乾燥させたら部屋中がキノコ臭でたまらなかった。

P9170782_627.jpg

そして「シャカシメジ」
これも重要キノコだ。
伊豆でも獲ってはいるけど、ナラの森で出会ったシャカシメジは嬉しい。
キノコ汁にしたら味がどんどん出てきて「味シメジ」の名の冠を置くにふさわしいキノコだと改めて感じた。

狙いのマイタケには届かなかったけど、この森は確かに広葉樹の、ナラの森。
マイタケもホンシメジも必ず出ると確信した。

東京都、すごいじゃんかよっ

2015.09.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

本ポルチーニ

先週に引き続きマツタケ修行へ。

P9100729_616.jpg
めぼしいポイントで早速ゲット。

雨後で想像以上に白くなったマツタケは一瞬クサハツと間違えるような色合い。
菌糸の出方、生える方向。色んな事を考えていると、土の中が宇宙のように広く思えてしまう。

P9100737_617.jpg
本ポルチーニか?

図鑑「日本のきのこ」によるとヤマドリタケモドキは西欧のポルチーニにきわめて近いが柄は石のように硬くはならず、香りも弱いと書いてある。確かに里山で獲れるヤマドリタケモドキは肉質は石のような硬さは無く、香りも弱い。

しかし富士山に生えるこのきのこは石のように硬い柄で香りも高い。つまり西欧で言うポルチーニと同種なのか。
見た目は明らかに里山のヤマドリタケモドキとは違う。どこか品があって、エレガント。

僕は勝手にこれがヤマドリタケで、西欧の憧れのポルチーニと同種と判断しているが実際はどうなんだろう。
いつかポーランドでそのモノを見に行きたいと思う。

どちらにしてもこのキノコ、たくさんは無いので出会えると嬉しいキノコなんだ。
マツタケの和なイメージと一風変わっておしゃれさんなんだ。

P9100746_618.jpg
楽しそうにキノコ談義をしながらトウモロコシを焼く若者と、差し入れでも持ってきたかのような素敵な女性の絵。
お気に入りの写真。

2015.09.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

マツタケ修行

沖縄の海に別れを告げ、静岡、伊豆に根をおろそうと決めた六年前。今年も季節は移っていく。
夏の終わりを告げるナライの風が今年は早く来た。
仕事に明け暮れそれだけに集中した夏も気付けば終わっていた。

歓迎されないナライは、僕にとっては遊びの季節の到来を感じさせてくれる風。
台風の到来と共にやってきた休日。行き先はもちろん富士山だ。

P9020679_599.jpg
水滴が滴るハナイグチは森の宝石。

一年ぶりの富士の森はいつもの通り美しい。
雑キノコは少ないもののハナイグチやショウゲンジがぽつぽつある。

きれいに生えるハナイグチをそっと写真に収めてそれで満足。血眼になって雑キノコをせっせと集めることも無くなった。
大人ぶった風を装いつつ、心の中はマツタケに情熱を燃やしている。


P9020676_598.jpg
目を皿にしてそれらしい場所を探すと、おっと!出ました、今季初。マツタケ。
地表に見えているのは小指の爪か、それ以下の面積だけ、あとは土の中。

プロ達が徘徊する富士の森で見つけるマツタケには特別な満足感と喜びがある。

P9020686_601.jpg
図鑑ではオオカシワギタケとなっている、通称ツガフウセンもお土産に少しだけ。

P9020684_600.jpg
デストロイングエンジェルは森の番人のよう。

今年も運よくマツタケに出会えた事に感謝しつつ、ますます増していくマツタケへの情熱。
一生かけて富士山を学ぼう。


富士の森、また来週ね!

2015.09.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。