スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

はつもん!

秋はいいっすね。
釣りにキノコに、波乗りに。
もうほんと忙しいっ!

そろそろほっとけないのがカンパチ。
某堤防。

午後から休んで様子見に行くと釣れてるじゃん、
しかもデカイ!2キロ弱クラスのカンパがあがってて慌てて釣り開始。
したんだけどなんやかんやリズムがつかめず1ブレイクで撃沈。

悔しいから今朝リベンジ行ってげっとです。
IMG_2067_490.jpg
30cmちょいのショゴだけどやっぱりカンパは別格ですね、引きも見た目も味も最高っ!

そして珍客。
初めての出会いはハガツオ。
IMG_2068_491.jpg
これが50cmありグッドサイズ!ここらでは「ほうさん」と呼ぶんです。
いつもスーパーでは見てたけど、実際食ったらうめぇ!!
めちゃめちゃうまい、コレ。

なんていうかカツオとサワラを足して割った感じです。

確かに顔もそんな感じでした。

頭の中はは鉄片中毒状態。

こりゃやばいなぁ、ルアー作らなきゃなのに・・・

スポンサーサイト

2014.09.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 釣り

富士のマツタケに魅せられた

9月。夏の猛連勤に耐えきれなくなってついに伊豆を飛び出した。
二ヶ月振りの休みは体が3つ欲しいほどあっちもこっちも行きたいけど、行き場は美しき森を堪能しに、富士の山へ。

本命はマツタケ。
爆発した2010年以来富士のマツタケには出会っていないので今年こそはと気合を入れて、三日間がっつり歩いてマツタケを獲る算段にした。

マツタケと言えば皆、口閉で確かな情報などなにもない。
ましてやプロが目を光らせている富士で収穫するのは至難の業。というかめちゃめちゃついていないとまず、当たらない。

期待半分に相棒は「獲れるよ」とあっけなく言い放つ。
ふーん、そういかい。少し山を学んだ相棒の言葉はあまり頼りにもならず、自分は久々の雑キノコに浮かれてきゃっきゃっしているとすぐに、「あったよ」と。

慌てて地面を見ると小指の爪くらいの頭をだしてる。
そのわずかな頭は白くかすかにマツタケ特有のカスレ模様が入り、確かにショウゲンジやその他のキノコとは少し違った上げ方。こりゃマツですな!

わぉ!いきなり富士山マツタケゲットー!
すぐに自分の目にも異様なサイズのキノコが目に入ったと思ったら。
わぁぁ、マツタケだー!

IMG_1983_481.jpg
完全飛び出し!こんなんも富士にあるんだなぁ。

もうひとたびコイツを見てしまうと雑キノコは目に入らない。
目はひたすらマツタケの影を追っている。

IMG_2011_483.jpg
あったあった。

そして最後にはどかどか祭り。
IMG_2024_487.jpg
この堂々としたたたずまいとエレガントな表情。まさにキノコのキングの名にふさわしい。コイツに魅される理由が確かにある。

IMG_2013_484.jpg

IMG_2026_488.jpg
流れてたのもあり全部は食卓には並ばなかったけどシロ単位で4か所、本数で14本ゲット!
夕ご飯はマツタケご飯とマツタケの炭火焼をこらしょい食べてマツタケの話であーでもないこーでもない、満足満足。

二日目三日目は大した収穫も無かったけど以前のシロで一本抜き、新たなシロで4本の収穫。

今までプロの舞台である富士のマツタケは敬遠してきたけど、今回の確かな手ごたえと、また深く山を考え、洞察しなければ辿りつけない富士のマツタケにそこにしかない魅力を感じた。富士の山をもっと知り、マツタケのことをもっと深く知っていきたい。






2014.09.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。