スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ルアーメイキング再開!

ハンドメイドルアーってのは本当に手間がかかる。モノ作りは好きな方だけどルアーメイキングだけはたまにイヤになってくるくらい緻密で繊細、かつ根気のいるお仕事。しかし、インジェクションルアーには無いとても美しい味わいのあるモノが出来る。作るのは基本的に渓流用の小型ミノー。バルサならではのレスポンスと美しい渓の中で美しいルアーで美しい渓魚を釣るのがまた、楽しい。
しばらく放置していたハンドメイドルアーだけど久々に製作意欲が湧いてきた。解禁まで時間もあることだし、今からコツコツやってスキルを上げておこう。ベランダ塗装がイヤなので塗装ブースも自作。っていってもダンボールに換気扇組み込んで窓に挟んだだけだけどこれがもの凄くイイ!いままでのベランダ塗装よりもはるかに臭いも少なくストレスフリーで作製できる。

今回1ヶ月くらいかけてゆっくりと作った6cmミノーがこちら。
DSC_3341_084.jpg
まだリップつけという最後の関門があるけど、とりあえずここまでできると満足だよね。狩野川本流用。

久々のメイキングで悪戦苦闘だったけど、何とか納得の仕上がりになりました。特に顔周りのアルミは大苦戦。多分20回は張りなおしました(笑)それからブラシワーク、みんな何種類か持ってるのかなー。自分はエアテックスのダブルアクション一本。レギュレータもいまいち活用できていないような・・・やっぱハンドメは難いッス。

あとはお遊びでこんなんも作ってみましたよ~。
DSC_3349_083.jpg
balsa50 ファイブオー風ストラップ。クリスマスプレゼント用に、金欠なので安上がりで。
投資金額:ストラップ代一個25円ナリ(笑)でも手間がかかってるのでヨシとしてくれるかな?・・・

ブログ公開当初の目的のひとつだったハンドメイドルアー、ようやくアップしていけそうなんで今後も製作過程など公開していく予定です。シェルを注文したのでそのうちシェル張りにも挑戦したいんだけど、シェルの張り方の情報が少なすぎてよく分かりません。詳しい方いましたらご教授お願い致します。


スポンサーサイト

2012.12.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ハンドメイドルアー

アジを握ってわかったこと

好きな食べ物は?「寿司、寿司!」と2つ返事で答えるくらい寿司が好き。
アジが6匹、半身1カンでちょうど12カンできるな~。

さて、やるか!と疲れた体を起こして米を炊く。めんどくさい小骨を毛抜きで抜いていけば後は楽しい皮引き。
アジの皮は手で簡単に剥ける。一匹ずつ飾り包丁を入れて・・・
あれ、松かさ切りだっけ?それとも縦に入れるんだっけ?まぁいいや両方やってみよう。酢飯はすっぱくて濃いのが好きだから寿司酢に米酢を足して濃い目に。熱くてもダメだけど冷たすぎるのもまずいので適当にビール飲みながら人肌くらいの温度になったところで握り始める。

と、ここで気付いたのがさっきの飾り包丁の意味。何気なく飾り包丁を入れた二種類のアジだけど、松かさ切りで飾りを入れたアジは鮮度がいいのもあって身がピンとしててなかなかシャリにまとわりつかない。一方縦に切ったアジは厚い身が広がってシャリをちょうど包み込むように握れる。なるほど!こういうことだったんだ。と一人で納得。松かさ切りは見た目も美しく、しょうゆ絡みも良いので刺身で食べるだけならこっちがいいかも。

DSC_3183_061.jpg

アジの握り完成!料理は見た目だけじゃないんだね。機能美っていうか、いろいろと考えられているもんだね。何気に嬉しい個人的な大発見だった。


2012.12.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 釣り

アジング~ヒラメング

あとちょっと、あと5分だけ。
と毎朝ぼやいています。12月に入りホント冬です。
だけど今日は夜中3時にシャキっと目を覚ましてそそくさお出かけ。
なんでこんな早起きかというと、そろそろアレがイイんじゃないかと。冬はこれでしょ「アジング」。釣って楽しい食べて美味しい、奥深い難しい釣り。

港について常夜灯周りをしばし、観察。しばらく観察してるとピシャッ!っと水面に水しぶきを飛ばす小さなボイル。おっ!いるいる!早速車からメバルロッドを出してワームをトレースすると速バイト!しかし針掛かりしない、むーもどかしい。これがアジングの醍醐味。そうこうしているうちにもあっちこっちでピシャピシャやってる、くそー、と思いながらもそんな水面付近の誘惑には負けずにカウントダウン、ゆっくり中層を引いてくるとアジヒット!小さいくせに意外とパワフルなアジ。口切れしないように慎重に慎重に抜き上げ。やった!アジだ!あの手この手で何とか6匹のアジをゲット。20cm前後の食べごろのアジ。

DSC_3090_060.jpg

いいお土産をゲットして今日はアジとヒラメの握りだー、なんて気合満々でサーフに出陣。
しかし高いうねりが入っていて釣りずらい、何とか波をかわしながらランガンしていくが一向に反応ナシ。果てしないサーフを一日中ランガンし続けて、結局当たりナシのノーフィッシュ。やはり12月に入ってキスが離れちゃったから悪いのかも。それとも波が良くなかったのか。とりあえず4回目の釣行にして初のボーズ。その後また夕方からアジングを試みるも寒さと疲労で断念。一歩一歩埋まる砂浜をひたすら歩き、常に波の動向を気に掛け、たまに水しぶきを浴びながら、13時間釣行は修行です。これに懲りずに伊豆のヒラメのシーズナリティを知るべく、今年の冬は釣れなくても釣れなくても通い続ける予定。

2012.12.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。