スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ショアガン入魂「インプレ」

強風、強雨、前線通過。
昨日から何度も天気予報を繰り返し確認しても、変わらず。
先日購入したショアガンをどうしても振りたかったのでそんな予報の中ヒラメハントへ。
夜明けと同時にサーフ到着、早速ショアガンにタイドミノースリム120フライヤーを乗っけてゲーム開始!


「ショアガン103ML インプレ」
このロッド、柔らかすぎてヒラメゲームには使い物になりません。室内で振るのと現場ではイメージが変わるもんですね。遠投性能が勝敗を分けるヒラメゲームにおいて、20gクラスのミノーをフルキャストできる能力が必要になってくると思います。この竿でポテンシャルを発揮できるのはせいぜい1/2oz(表示は~30g)くらいまででしょう。あとはキャスト直後に竿がブレるので飛行姿勢も安定しにくい、更に胴が入るので流れの中でミノーを引くと持ち重りします。完全に自分のチョイスミスです。おとなしくちょっと重たくても106M+のフラットモデルにしておけば良かった・・・でも竿自体はこの価格帯では充分いい竿です。干潟やリバーシーバスには最適な一本ですね。いい竿だけに選択ミスが悔しいです。


ショアガンでのキャストフィーリングを模索しながらキャストを繰り返す。朝マズメも終わりかなって頃ようやくバイト!しかしフッキングせず。おっいるなー、と再度トレースすると今度はがっちりフッキング。重量感は無いけどパワーはスゴイ!ショアガンがバットからブチ曲がり、引く引く~なんて遊んでると手前のテトラに張り付いたようで動かなくなっちゃった!あれれーー!?やっちまったー遊びすぎたー!!仕方ないので待つこと1、2分、クンクンと泳ぎだしたので今度はゴリ巻で無事ランディング。ふぅ~。


KIMG0094_059.jpg

ショアガン入魂!56cmのグッドサイズ。ルアーはタイドミノースリム140フライヤー。

ちょうどこのくらいから風が吹き出し雨も強くなってきた。まだまだ竿を振りたいので強風、豪雨の中風裏を探してはランガンしたけどその後反応ナシ。コレで今年のヒラメゲーム、3戦3勝!

スポンサーサイト

2012.11.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

ニューアイテム

すっかり伊豆のヒラメにハマってしまったのでそろそろ専用のロッドが欲しい!
さすがにショアジギロッドでやってると70cmのヒラメも一撃で上がっちゃう。
それじゃつまらないのでイ○グロへ。給料日そうそう金欠なので拾ったエギ30個ほど持って買い取ってもらい中古を物色するがイイもんなし。

しぶしぶ新品コーナーへ行くとなんとも!最近の竿はなんてハイコストパフォーマンスなんでしょ、魅力的な竿がずらり。その中で特に気になったのが先調子でセパレートグリップのいかにも流行りの竿、といった感じで操作性の良さそうなスカイロード。それからアンリパのやや同が入る、ロッドのしなりを生かしたキャスタビリティの良さそうなショアガン。

DSC_3046_043.jpg

どちらも価格は1万半ば。両方捨てがたいけど、結局デザインとネーミングでアンリパのショアガンに。またこの103ってのがいやらしい。サーフの定番96よりロングディスタンスでかつ106みたいに重くなくて操作性がイイ。これ最高!このショアガンという竿、エギング用からショアジグ用まで幅広くラインナップされていてどれもかなり完成度が高くおすすめ。この価格帯でも3万円代のロッドと比べて何の遜色も無さそう。ガイドがチタンでないくらいの違いだと思う。まぁショアジグロッドでヒラメやってるような自分には十分すぎるロッドですごく満足。早くフィールドで使いたいな~!

DSC_3050_044.jpg

ついでに今回はタイドミノースリム140フライヤーと120フライヤーも買っちゃった。この120のボディ好きなんだよね~。我が地元、焼津発のDUO、タイドミノースリム120は普及の名作です。
次回はこのロッドとこのルアーで勝負!!


それからこの前のヒラメ、お裾わけしたらなんと!伊勢海老になって帰ってまいりました!
つーことでまた、握って、今回は縁側と伊勢海老の軍艦付き、握り定食。
DSC_3039_042_047.jpg
やっぱ伊勢海老ウマすぎです!

2012.11.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

釣ったヒラメは握りとしゃぶしゃぶに

先日釣れたヒラメ、3枚キープしたもののとても一人では食えないのでご近所さんに配る。一枚残した大ヒラメを漁協の台所を借りて捌く。自分の分は腹のサクと背中のサクひとつずつで十分すぎる。
この魚は誰もが知っている高級魚、喜んでもらってくれた。

後は自宅に帰って盛りつけるだけ。
せっかくのヒラメ、どうせなら美しく盛って目でも楽しみたいところ。魚の盛りつけやきり方はまだまだ勉強中だけど今回は何となくソレらしく盛れた。

削ぎ切りで薄造りにして盛っていく。花も作ってみた。

DSC_3004_024.jpg
ヒラメの刺身&しゃぶしゃぶ。
刺身に飽きたらときどきしゃぶしゃぶしてもみじおろしとポン酢でいただく。


IMG_20121116_084201_028.jpg
こちらはヒラメの握り。薄いピンク色がとても美しい。
やっぱり握りは別格!うっすら乗った脂とたんぱくで上品なヒラメのあじわい、薄く削いだヒラメの身がシャリにまとわりつき一体感のあるこの料理。寿司って素晴らしい!

さーて、そろそろイイ時間になったのでヒラメハント行ってくるとしますか!

2012.11.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。