スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

伊豆半島を出て、アミガサタケ探し。

DSC_1441.jpg

伊豆はそろそろアミガサタケの時期も終わりにさしかかっているを昨日の収穫で実感。
そこで伊豆半島を出て静岡方面へ車を走らせる。やってきたのは富士市。やや標高をあげて探索してみた。
案の定まだ少し春は遅い感じで新芽も出始め、ミヤマツツジがきれいに咲いている。

山間を中心に田舎道をドライブ。おっ!イチョウ発見。
イチョウがあるとついつい反応してしまう。イチョウは目立つところに生えているしまっすぐな幹、整った枝ぶり。白い樹皮。一度見慣れれば、はるかかなたのイチョウまで見つけられる。あまりまとまって生えていることが無いのだけどここは20本ほどのイチョウ群落。
車から降りてすぐに野原に咲くアミガサタケを発見。
DSC_1471.jpg
大振りな個体が草の間から太陽を浴びようと背伸びしている。

DSC_1478.jpg
タンポポの周りにアミガサタケのコロニー。たまに刺す日差しが暑いくらいの陽気。
春を感じながらの撮影と収穫。とてもイイ時間。

こちらは桜の木の下でハルシメジ。
DSC_1482.jpg
いままであまりいい状態のハルシメジに出会えなかったのだけど、今回は梅型に近い感じでしっかりしている。虫食いも無く出始めのイイ状態。恐る恐る収穫してみよう。


DSC_1493.jpg
その後もだいたいどこにも生えていて、全部で47本収穫。行楽中おじさんの後ろに生えていたのを採ってくれば二日で100本だったなぁ。でも十分な収穫。

今回はブラックも狙いだったけどブラックは見れず。雰囲気的にはこれがラストの収穫かな。
今年は豊作だったのか、たくさんのアミガサタケに出会うことができた。

ところでハルシメジを食ってみたのだけど、コレめちゃめちゃうまい!確かに味はそこまで濃くはないけど食感が最高。ツルッとしてシルクのようななめらかな口当りはどんな料理にも合いそう。
ボソつくイメージがあったけど、火を通すとすごくなめらか!今からがハイシーズンのようだし次はコイツを追いかけよう。

スポンサーサイト

2012.04.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

サーフのちアミガサタケ

DSC_1356.jpg

朝焼けに染まるビーチに美しい波のラインナップ。サイコー!
波を捕まえた時のアドレナリン。やっぱ波乗りはおもろい。

連休は二日間がっつりモレルハントしようと思っていたけど、波乗りに時間を割かれ午後からハンティングへ。
車でちょろちょろ走りながら、おっ、ここ良さそうとUターンして駐車。
ここは雰囲気いいなーと思ったら早速出た。
DSC_1373.jpg
ちょっとした公園のあずまやの隣で堂々と立っているアミガサタケ。

また車で移動。ドライブしながらちょこちょこ駐車を繰り返す。
ちょろちょろ見つかり今日も満足したところでなにやら怪しげな桜並木に遭遇。

ここはあるでしょって確信して車を降りて捜索開始1分、一本目の桜の木の下で。
DSC_1397.jpg
おぉ!出てる出てる!
やっぱり発見した瞬間はキモチイイ!
この並木結構果てしなく続いている。もしかするとここは畑か?!
期待しながら探すと次々に見つかる。ハタケ発見ダー!!

DSC_1413.jpg
桜の傍らのツツジの植え込みの中でひっそりとたたずむアミガサタケ。

DSC_1416.jpg
サイズもジャンボ級が多く、ものすごいボリューム感!

DSC_1421.jpg
初めて見つけた大型のシロに興奮しながら日が暮れるまで捜索して結果50本を確保。
また、イイ場所見つけたなー。探し回ったハズの近場だけど、今までノーマークだった。まだまだこんな場所はたくさんあるんだろうな・・・

2012.04.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

アミガサタケとハルシメジ

DSC_1263.jpg
ここのところ、休みがない・・・
しかし、どうもアミガサタケが盛りを迎えている様子なので出勤前からモレルハントへ。

初めてアミガサタケを見つけた場所へ久しぶりに行ってみると、季節は確実に流れていて今までまったく生えていなかった桜の樹下にひょっこりと顔をだしる。
中には誰かにイタズラされたのか駐車場の脇でポキっと折られて放置されているものもある。
あんなに探しまわったアミガサタケだけど、最近こいつはどこにでもあるんだなぁと思うようになってきた。
きのこはタイミングが重要。あとはドデカイ群生を当てたいなぁ。

DSC_1268.jpg
あまり見ないタイプ。竹林の際の桜の樹下に生えていた。おそらくこれがチャアミガサタケだと思う。

DSC_1282.jpg
ブラック、ブラウン、イエロー色とりどりのアミガサタケ。まるでキャラメルソースをまとった洋菓子のような美しい色と形のブラウンモレルが好き。

ここ二日間、朝、昼休み、仕事帰りと嗅ぎまわって6つシロを追加。
今回の探索で見つけたブラックモレルは全て時期が過ぎた感じの個体ばかり。ブラックはもう終わりか・・・
イエローモレルはまさに盛りといった感じで状態も良くまだ生え始めの個体もあったので今がピークの模様。
イエローはGWくらいまではイケそう。


そんなモレルハント中に久々にキノコらしいキノコが目に入った。
おそらくハルシメジだとすぐに直感したが、しかしコイツ。クサウラベニタケにそっくりだなぁ。
DSC_1238.jpg

かなり大きなコロニーを作っていて軽く100本以上生えている。
DSC_1233.jpg
皆が散歩する道路のすぐ真下、ハルシメジの大群生に誰も気づかない。

春に桜の下という条件で考えればまず安全だろうけどなかなかコイツを食うには敷居が高い。ヒダの色や傘もほぼクサウラベニタケだ。幸い?なことに全てキノコバエに侵されていたので食べる誘惑は抑えられたが「ハルシメジ」で間違いないハズ。

さて、来週は連休もあるのでちょっと標高を上げて捜索してみよう!
富士のあたりまで足を延ばしてみようか。GoogleMapと相談だ。

2012.04.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | きのこ

モレルハント

ノーマルアミガサタケと少し違うような?
昨日、ウチに仕事仲間が来て、机の上に広げっぱなしの「日本のきのこ」を見て、好きだね~。と一言。
ちょっとキノコの話をすれば、すぐに変人扱い。まっ変人てことは間違いないし、そんな扱いは嫌いじゃないからイイんだけど。

かれこれ、キノコ狩りという変な趣味にハマってから10年以上たつ。
こんな長いことキノコに夢中になってきたけどアミガサタケには全く興味がわかなかった。
でもなぜか、今年はアミガサオバケに取つかれたたように四六時中コイツのことばっか考えている。
だいたい、モリーユだのモレルだの、うまいだの、高級品だの。そこらへんの言葉にはとことん弱い!
今までなんで興味が無かったのかは知らんけど、今日も5:30起き!しばらく休みが無いので出勤前に強行チェック!

昨日は大雨が降った、時期もばっちり。今出てなきゃーそこは出ないよっ!ってことで序盤気になっていたけど見つけられなったポイントに行ってみると。

出てるー!!!!(トップ写真)しかも復路で気付いた。こんなひょっこり頭出したヤツのすぐ隣を通って気付かなかったとは・・・

すぐ近くには桜の木があるのにその隣の名称不明の木から出ている。明らかにこの不明の木を囲って3本出てる。。。こんなとこにいらっしゃったんですか。
これが桜以外の樹下で初めての発見。


そんで朝の気持ちイイ空気を吸いながらのお散歩タイム。人んち庭先で、また出てます。
ザ、アミガサタケ
庭じゃないけど庭先なんで、気まずいけどサクサクっと回収。


んでちょっと移動。
ここになきゃーこのエリアには無いでしょっていうイチョウの木の下で、おお!トガリン君が出ています。
4本出ていたけどどれも状態が悪い、小さいのに干からびてる感じ。
トガリアミガサタケ
来年に期待して放置してきました。
それでもこれが初めてのイチョウの樹下での発見。今までイチョウは全部スカってたのでこれでイチョウにも生える、と確信できるようになった。

短時間ながら新たに3つシロ開拓。今年は合計9つのシロを獲得した。



今までの探索のまとめ。9つのシロの内訳。

山桜-トガリ1
桜(大木)-アミガサ2
桜(普通)-アミガサ1、トガリ1
枝垂桜-アミガサ2
イチョウ-トガリ1
不明-アミガサ1

「数字はシロ」

こう見るとやっぱ枝垂桜は熱い!そんでイチョウも木の少なさからみたら打率は高そう。
イエローモレルは「草むら」「日向」ブラックモレルは「枯れ葉」「木陰」。←日陰ではなく木陰。
とりあえず今のところこんな印象。

ちなみに最大で1つのシロで20本ほど。
最低でも2本は生えていて、単体で生えている個体はなかった。
また、4月頭は5cmクラスの小型中心だったが、今日は10cmクラスの中型ばかり。
雨と関係があるのか、シーズン後半の方が大型になってくるとどこかで読んだ気がする。

2012.04.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

トガリアミガサタケとアミガサタケ

DSC_1041.jpg

前回から約一週間ぶりにまた、アミガサタケ探しの探検に出撃。
今はまさに、桜散る頃。雨が降っていないので完璧な条件では無いが時期的にはどんぴしゃなハズ。とりあえず、この目で伊豆の山にあることを確認したので今までより更に気合満々。
この一週間、アミガサタケの生えていそうな公園やスポットをネットの情報や地図で探しておいた。
そこから今日のルートを決め、絞り込んだ場所に行ってみる。

と、早速トガリアミガサタケが現れた!
DSC_1025.jpg
これが始めてみつけたブラックモレル。
ノーマルよりボリューム感があり、見つけた喜びもでかい。一本見つかるとかくれんぼしていたトガリアミガサタケも次々に見つかるのがまた気持ちイイ。合計10本ほど確保。

DSC_1058.jpg
これでアミガサタケ、2つ目のシロを獲得。発生環境は桜の木の下周囲3mほどの日陰。風通しが良く、近くには小川も流れているような場所だった。

その後も探索を続け、本日2ヵ所目のシロを発見。
運転しながら枝垂桜を見つけてたのですぐに駐車。車から降りて小走りで駆けつけていく途中で、おっとっと、、、足元にあってびっくり。
DSC_1077.jpg

DSC_1088.jpg
周囲にはずいぶん伸びきったワラビがたくさん生えていた。
日当たり良好。風通し良好。枝垂桜はと相性がイイのか4つのシロのうち2つが枝垂れ桜からの発生。

更に3ヵ所目のシロを発見。公園際の道路を、桜を見て写真を撮ってるフリをしながら見ているのは地面ばかり。やっぱ、このアミアミ模様が目に飛び込んでくる。
DSC_1104.jpg

DSC_1096.jpg
ワイドで発生環境も入れて撮影。

ここはふつうの桜の下。今までは全て水絡みの場所で発見していたがココは乾燥した公園の際の道端だった。
合計3ヶ所でアミガサタケを発見。全部で40本の収穫となり大満足。いよいよアミガサタケのハイシーズン突入かな。

ちなみに今回収穫したブラックモレル。こいつがうまい!
バターで炒めている時の香りとはナッツの芳香にそっくりというか更に濃厚で上品にしたような香りで炒めている側から部屋中がアミガサタケの香りで包まれて、とってもイイ気分になれる。ナッツの香りと言われる理由が今回はっきり分かった。色が濃いほど美味しいと言われているアミガサタケ、ブラックモレルはアミガサタケの中でも最高ランクってことか。
ホワイトモレルはトマトとアサリで春のパスタに。しかしこちらは香りが生きず失敗。ただのグニュッとした食感だけが残り、やや微妙・・・
野生のキノコの淡い味わいを生かすには調理方が限られる。ホウキタケなんか、ナニで食ってもうまくないがてんぷらは格別にうまい。買ったきのこのように万能ってわけじゃないから、コイツの味を引き出す引き出しを増やさなければ。
今のところ単純にバターソテーが一番素材の味を生かして食べれるかなぁ。っていうかバターとの相性が抜群にイイのは確か。まだ、残っているので今度はクリームで料理してみよう。
自分で採った愛着と、野生のきのこにしかない味を感じるために舌と鼻をとがらせて食べ、それを感じた時が幸せな瞬間なんだよな。


2012.04.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

やっと見つけたアミガサタケ

DSC_0890.jpg

今回の探検、目的は「アミガサタケ」。
春を代表するきのこで、欧米ではモレル、モリーユの名前で親しまれている人気のある高級きのこ。以前から気になっていたけど、なかなか見つけられずいつも見れずじまいで春が終わってしまう。今年は妙にコイツにとりつかれ、「なんとしても見つけたい病」にかかってしまった。
こいつを探し始めたのが3月末。
ネットでいろいろ調べていると桜が散るころの4月中旬から下旬が良さそうだが、気がはやりあちこち駆け巡っていたが、なかなか見つけることはできずに悪戦苦闘していた。

そもそも、キノコ探しといえば日当たり、風通し良好。コナラやクヌギの広葉樹。そんな場所はいくつか知っているが桜はともかくイチョウなんて端からノーマークだったからどこを探していいかもよくわからない。

さらに情報を調べていくと「コンクリートが好き」「焼き後がいい」「くぼんだ土地」「ウドの生える場所」「すみれが生える場所」
すみれなんてその辺にあるぞ・・・もう、わけが分からず迷宮入りしそうになっていた。

とりあえず散歩するしかない、とカメラ片手にあちこち歩き回っていたら、ふっとアミガサの模様が目に飛び込んできた。一度目を反らし心落ち着かせて、再度確認。
やったー見つけたー!アミガサタケ。

きのこ探しはフラフラ森を歩いてアレあった、コレいた!と拾うのも楽しいけど、狙って探して採ったキノコは更に嬉しい!

DSC_0911.jpg
この場所で合計20本ほどのアミガサタケをゲット。まだまだ出始めのようで小ぶりの個体ばかりだが、初めての収穫なのでごっそりいただいてきた。
発生環境は日当たり、風通しは良好で近くに枝垂れ桜があった。写真の通り芝生から生えていて花壇の際。まさにアミガサタケが生えそうな環境だった。


さてさて、初めてのアミガサタケ試食。どんなもんか、とりあえずバターでじっくりと炒めてそのまま食う。
DSC_0982.jpg
うん、うまい。いつも採るヌメリ系のキノコと違って、もっとキノコらしい香り。
味はしっかりと濃い。

食感は焼いたチーズに近いような、しっかりとした歯ごたえ。このキノコは確かに西洋料理に合いそう。
次は大量に収穫して乾燥させたいな~。

2012.04.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | きのこ

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。