スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

春の河津川

DSC_0649.jpg

渓流解禁からしばらくたち、そろそろ釣り人も落ち着いてきたところだろう。
ということで河津川に行ってみた。
河津川は伊豆半島の南に位置し天城の山を源流に流れる中規模河川。
流程が短いので様々な渓相の釣り場を一日であちこち回れるのが面白い。
短いということはモドリの大型アマゴも多いと、勝手に想像しているが果たして河口まで降りるアマゴ、又はサツキマスがどれほどいるのか・・・
どちらにしてもボクの知っている伊豆半島の河川ではアベレージサイズ、アベレージ釣果は上位の河川。

今回のテーマは「釣りー!」では無く春の景色を撮りながらゆっくりと釣りをすること。
いつも血眼になって釣りをしているので今回は心を落ち着かせてちょっと大人な釣りをしてみようかと。

ついでにアミガサタケも探してみよう!
「春フォト」「渓流釣り」「アミガサタケ探し」の三本立て!

とりあえず、いつもの本流ルートは外してちょっと支流を攻めてみたい気分だったので佐ヶ野川へ。
初めは大した水量も無いこの沢だが少し登ると水量も多く、渓相も良くなってきたのでカメラリュックにしまいいざ、探検。
三段滝を越え源流を目指していくがまったく魚の気配が無い。
魚はいないと勝手に確信。そして今日の目標であった渓流写真に変更。

DSC_0644.jpg
ツガの大木やヒメシャラなどがしっかり根を張り、やけにイイ山だなーと思っていたら、そっか。
ここはすでに天城の森の中か~。

結局やっぱり魚が釣りたくなって支流探索も止め、いつもの本流へ。
一時間ほどの短い釣行だったけど無事二尾のアマゴをと出会うことができた。
DSC_0726.jpg
サイズは20cmほどの河津アベレージ。上流域に生息するものはパーマークがきれいにでていて素敵。

アミガサタケは結局みつからず。
乾燥したシイタケを一枚、お土産に。

DSC_0764.jpg
木漏れ日浴びて名前の知らないキノコが顔を出している。

のんびり春の田舎景色を見つつ、散歩しつつ、写真撮りつつ、しかも釣りもしちゃう。
そんな贅沢な遊びが渓流釣りなんだと思う。
ようやく春の風を感じることができた一日だった。

スポンサーサイト

2012.03.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

2012狩野川解禁/渓流ミノーイング

DSC_0354.jpg
いよいよ待ちに待った渓流解禁。
解禁当初は混雑が予想されるので少し遅めのスタート。

やや寝坊気味に家を出て、冷川峠を抜け中伊豆バイパスから大見川が見えてきた。一昨日まとまった雨が降ったので水量はまずまず、がすでに濁りも取れてしまっているのでコンディションとしては良くもなく悪くもないといった感じ。

とりあえずシーズン券を購入し情報収集。どうも、今年はあまり釣れていないらしい。
だって目の前の天城に雪が積もっている。こんな時期にこんなことは過去あまりないそうだ。

だいたい狩野川は数は出ない。しかし伊豆半島きっての太い流れと水量は大物の予感はナンバー1。
過去にヤナに入ったという51センチのアマゴの剥製がの姿がそのポテンシャルを現している。

あまり期待もせずに釣行開始。
春の兆しを感じながら久々の渓流釣り。
釣果が伴わなくても外に出て遊べる季節になったことが嬉しいし、楽しい。

DSC_0324.jpg
狩野川周辺の田園風景は伊豆らしい景観。

それでもやっぱ釣りたいのが釣り人。
結局夕暮れまで粘って、修善寺橋のあたりでようやくヒット。
22㎝くらいのまずまずサイズ。
DSC_0344.jpg
銀毛している、狩野川らしい魚体。
激流の中で育った個体だけにこのサイズでも尺クラスの顔つきをしている。

その後立て続けにヒットしたがどれも同サイズ。結局、夕方まで粘ってしまった。
次回はアミガサタケ探索に本腰を入れよう。

2012.03.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

landscape始動 2012 spring

伊豆の探検家そういちのLOGBOOK。


ネタは
釣り
キノコ
ハンドメイドルアー
フォト

の予定です。

2012.03.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。