スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ヒラマサ、手中に

今年こそはと気合をいれてショアマサに太刀打ちできるタックルを揃えたのは7月。
それから時間があれば磯へ向かっていたのだけれどヒラマサはおろかイナダすら釣れない試練のような日々でした。
ブログにはアップしてませんでしたが、唯一の釣果は1.5キロほどのカンパチとシイラだけ。カンパは嬉しかったけど。

この日(10/20日)も期待はせずにトレーニングのつもりでいつもの磯へ。朝一番で磯に入り何気なくローデットをちょんちょん動かしてたら足元でズブンという消しこむようなバイト。
これはミスバイトに終わり興奮して投げた次のキャストで同じような当たり方でがっちりフッキングしました。ようやく報われた一本。

image1.jpg

75cm4キロ 人生初ヒラマサ!!
伊豆の地磯でこの魚。憧れたかわいい顔つき。うん、満足!!

image2.jpg

その後はワラサフィーバーでお祭り状態!
いままでのうっぷんを思いっきり晴らしてきました。笑

途中ワラサとは明らかに違うファイトだったので期待したらやはりヒラマサ。
しかしこれは抜き上げ寸前にフックアウト。推定5キロクラス。

7時を回った頃時合いも一段落ついたので魚が痛む前にそそくさ帰宅しました。
早速ダイペンのデザインに取り掛かったのは言うまでもありません。笑

その後も一週間ほど通いましたがヒラマサからのコンタクトは無し。
ワラサは日ムラあるものの打率50%ほどで当たっています。

この秋はヒラマサ狂いで行きます。

スポンサーサイト

2015.10.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

エキスパート

貴重な休みは何をしようか、やりたいことはたくさんあるけど、今年はキノコに目もくれず狩野川通いが続いています。
普段はカスリもしない場所ですがサイズこそでませんがそれなりの反応があります。

DSC_0094_544.jpg
まずまずの9寸。

DSC_0151_553.jpg
アベレージの7,8寸

モンスタークラスはバイトのみ、尺クラスも数回のバラシ&バイト。
でかいのは全て獲れず・・・

「ヤマメを釣るには岩になれ!」
とは言ったもので、それほどヤマメは警戒心が強く、繊細な魚である事は確かで難しい釣りのようにも思いますが僕はルアーに関しては簡単な釣りだと思っています。
エサ釣りや、テンカラもやりましたが、ノーウェイトの軽い針を流して食わせるようなテクニックもいらず、スーパーロングディスタンスでアプローチもできるわけですから岩になる必要もありません。

でもどの釣りにも、ベテラン、エキスパートっていうのがいて
例えば1ヵ所で何匹出せるか、とか
デカイサイズを獲れる人とか、
人が釣った後に抜けるかどうか、とか
タフコンの中1匹、獲れる人と獲れない人といるわけです。

色んなスキルや色んなスタイル、また釣りに対するポリシーが様々なので何がうまいのか、何をもってエキスパートと呼ぶのか答えはありません。

僕の場合は本流釣りにおいてはただただ「ぬし」を釣りたい。
それだけです。
一か所で何匹出すとか、人より1匹でも多く釣ろうとかは考えまてません。(実はそれは嘘だけど・・・)
ただ「ぬし」を釣りたい。

ここのところそんなぬしのバイトがあったので僕の心中、穏やかではありません。もう何としても!と燃えているのであります、笑
ヤツ等伊達にデカくなったわけではなく、頭がいい。猛チェイスするわけでもなく、自分の居所からは離れない。ルアーを追ってもどこか冷静で狂いきらない。バイトしても紙一重、すぐにフックアウトしてしまったり、きっちり乗らない。
多分捕食寸前で見切られて反転しているんだと思うんです。
ただ悔しいのがルアーに触るんですよね、やる気ゼロって訳じゃない。紙一重なんです。

この紙一重バイトを獲って行く為には僅かなレンジコントロールやトゥイッチのタイミング、間の作り方、トレースコースなどが必要なんですが、何よりも一番大事なのは天候や水量、時季によって魚のいる場所絞込み、その中のピンポイントを見抜ける力とそこに賭ける集中力だと思います。

デカイ魚が居るところって実は誰でも攻めやすくいかにも居そうだなって場所なんですよね。
小手先の技術を使える事ではなく、本当に大事なことはそこに大物が泳いでいる姿が頭の中に鮮明に写し出されている事で、なんとなくランガンしてても「ぬし」には一歩届かないのでしょう。

渓流ルアーの(釣りの)エキスパートとはキャストテクニックとか小手先の技術では無く、イメージ力と集中力なんだろうな、と改めて痛感じました。

「イメージ」そして「集中力」

どーんと仁王立ちして一発目から流芯ドまん中に勝負ルアーをぶち込もう。小手先スキルなんてどうでもいい。
いざ、あいつを獲りに、、、




2015.04.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

雪国へ

DSC_2143_530.jpg
伊豆では春の兆しを感じる心地良い日が多くなってきたというのに、寒波の真っただ中の雪国へいってきました。
ハンドメイドルアーの友人である滝ヶ平君を訪ね、岐阜の釣りを案内していただいた。

僕としては全く未知な雪国での釣り、どんな舞台が待っているのか、どんな魚に出会えるのか、今からどのようなドラマが始まるのか自分では想像もつかない。旅のわくわく感ってやっぱり楽しい。
目的は釣りはもちろん、何といってもハンドメイドルアー談義が楽しみ。こんなマニアックな事を語らえる仲はほとんどいない。

前泊からお世話になり工房を見たり、ルアーを見たりと話は尽きないのだけど明日も早いのでそうそうにおやすみ。初日は一番やってみたかったダムでのジギングの釣り。大まかコツと扱い方を教えてもらってるとすぐに滝君にヒットだ。
さすが!上がってきたのは良型のイワナ。そして我も我もと投げると今度は自分にヒット。
途中「でかい、慎重に」の言葉で我を取り戻し無事にキャッチ。
早速出た、ランドロックサクラマス。
サイズ感覚も分からないけど43cmだとダムでは十分サクラマスと呼んでいいサイズだとのこと。
なにより銀色と黒の魚体、イカツイ顔つきは自分がサクラマスだと主張しているようだった。

DSC_2124_527.jpg
ダムのクイーン、サクラマス。初めてのダムでラッキーな釣果。

何の音も聞こえない静かな釣り、絶えず振り続ける雪の合間にたまに射す太陽が気持ちいい。
結局その後はシラメが二つ釣れただけで釣果は出なかった。
ダムの釣りは甘くない。ガイドの氷を取りながら、足先の感覚も鈍くなってくる中でじっと、ただしゃくり続けイメージを膨らませる釣りなんだ。そしてチャンスは一日に1.2回、あるかどうか。
そんな中、価値ある1本に出会えたのは全て滝ケ平君のおかげです。

翌日はさらに雪も増してほぼ釣りが不能だったので白川郷の観光や、サクラマスのスペシャリストでもあり「てんから」という飛騨牛の焼き肉屋を営む幾太郎さんを訪ね、美味しい飛騨牛をいただき、九頭竜サクラマスや地元の川のあれこれ、ルアーのうんぬんを釣りそっちのけで3人で話した。

DSC_2135_528.jpg
前途多難!釣り場までたった100m、30分!場所移動困難!それでも竿を出す!笑

気付けばもう帰りの時間。二日間の限られた時間で決して良いコンディションでは無かったけど1匹。価値ある魚を手にできた。初めてのダムの釣りでは今までの僕の常識を覆すような釣り方、魚の反応に出会えた。ルアー談義もあれこれ花が咲き、また自分が作りたいモノや、やりたい釣りが見えてきた。
ただ一人で、黙々と地元の山川を駆けずり回るのが好きな僕だけど、旅をして色んな人に出会う事もとても素敵だった。

何より何から何まで世話をしていただいた滝ヶ平君に本当に感謝です!ありがとう!

2015.03.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り

狩野川解禁、2015!

解禁から5日後いよいよ待ちに待った釣行です。
前日の午後から時間ができたので鑑札を買いつつ様子見へ行くと、期待できそうな水量と濁り具合。
少し竿を出してみたところ、本命ポイントで尺クラス痛恨のバラシで終了。

翌日はバラシたポイントでまず朝一番勝負。
カタナ55ヘビーで1ピッチスロージャークで誘うと早速ガツン!流芯にもってかれるとドラグがチリチリ。
なんとかランディングしたのは31cmの天然アマゴ、戻りかサツキかは不明だけどかっぷくのいい狩野川鱒だった。

P3050318_523.jpg
ファーストフィッシュが尺上と超ラッキー!
その後再び強烈なバイト、なんだなんだニゴイでも掛かったか?と思いながら慎重に寄せてくると銀色の明らかに50オーバーの魚体が目に入った、その瞬間マスであることを確信。同時にヒザがガクガクと震え始め手もおぼつかない。狩野川の大サツキだと信じ決死のファイト。
やっと寄せてもう手づかみで抱きかかえにランディングに入ったらなんと、

P3050365_525.jpg
レインボー。
ちょっと残念だったけど、かっこいい顔つきとぶっとい魚体はすばらしく、少し銀毛したスチールヘッドのような魚体にしばし感動。53cm、2キロジャストの大物。

P3050363_524.jpg
初めての狩野川レインボー。カタナ55ヘビーいい仕事してくれました。

午後からは富士のJさんんと合流し、まずは型を見に大見川へ。
大見川でも反応よく20cm前後のきれいなアマゴが遊んでくれました。
P3050375_526.jpg
飽きない程度に釣れ、夕方の本流ではさらに27cmクラスのマスに近い魚体を2本追加と解禁そうそういい釣りでした。



2015.03.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 釣り

はつもん!

秋はいいっすね。
釣りにキノコに、波乗りに。
もうほんと忙しいっ!

そろそろほっとけないのがカンパチ。
某堤防。

午後から休んで様子見に行くと釣れてるじゃん、
しかもデカイ!2キロ弱クラスのカンパがあがってて慌てて釣り開始。
したんだけどなんやかんやリズムがつかめず1ブレイクで撃沈。

悔しいから今朝リベンジ行ってげっとです。
IMG_2067_490.jpg
30cmちょいのショゴだけどやっぱりカンパは別格ですね、引きも見た目も味も最高っ!

そして珍客。
初めての出会いはハガツオ。
IMG_2068_491.jpg
これが50cmありグッドサイズ!ここらでは「ほうさん」と呼ぶんです。
いつもスーパーでは見てたけど、実際食ったらうめぇ!!
めちゃめちゃうまい、コレ。

なんていうかカツオとサワラを足して割った感じです。

確かに顔もそんな感じでした。

頭の中はは鉄片中毒状態。

こりゃやばいなぁ、ルアー作らなきゃなのに・・・

2014.09.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 釣り

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。